LOVECATS

フサ猫メルモ(♂)と飼い主ロッコの猫と映画とmadonnaと日常少々な、ねこちっくblog・・・・・現在休止中
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チェリーの初七日とウララの四十九日。 

今日はタイトルの通り、チェリーの初七日とウララの四十九日です。
二人が好きだったゴハンやおやつ、おもちゃなどをお供えしました。
お仏壇の前に二人一緒に遺骨が並んでいます。
同じくらいの大きさの入れ物に、二人仲良く・・・。
二人ともこんなに小さくなっちゃって・・・(;つД`)
そしてウララが亡くなった時には、あまりにも辛くて
飾ることが出来なかった写真を、最近やっと飾ることが出来ました。
チェリーもちゃんと写真を飾っています。

どんな子でも遅かれ早かれ、お別れはやって来るもの。
分かってはいるけど、その現実が目の前にあると本当に悲しいですよね。
だけど、悲しんでないで今日は二人の思い出と共に、
ちゃんとしっかりと御供養してあげようと思いました。

初盆で二人とも帰ってくるかな。。。

そして今日はつい先日、虹の橋へ旅立ってしまったチェリーの思い出を
振り返ってみました。

チェリー1 チェリー2 チェリー3
箱に入るのが大好きで、たまに箱を見つけると、一番に入って楽しんでたチェリー姉さん。
そして、めったに入ってこなかった私の部屋でめずらしくくつろいでたのに、
メルモがやって来て「何でそこにいんの?」とばかりの眼差しを向けられたり・・・(^-^;)
スポンサーサイト
[ 2005/08/13 21:00 ] 虹の橋から | TB(0) | CM(6)

チェリー、虹の橋へ。 

昨日、とうとうチェリーが虹の橋へ旅立ってしまいました・・・。
ウララに続いてチェリーまで・・・。
そして叔父も亡くなりました。
今年はいっぺんに家族とのお別れが来てしまいました。

最近のチェリーは元気がなくて、ゴハンも食べなくなっていて体力もどんどん落ちていました。
病院の先生も「いつお迎えが来てもおかしくないから、お家で最後まで看てあげてね」と、
言っていました。
そして亡くなる直前には歩くこともままならず、少し鳴いてはグッタリするという繰り返しでした。
私もチェリーの最後が近づいていることを感じていたから、
夜はずっとチェリーに付き添っていました。
何度か苦しそうに鳴くときもあったけど、そういう時は声をかけて
やさしく撫でてあげると落ち着くようでした。

そしてチェリーの最後は激しく苦しむこともなく、一声鳴いて大きく息を吐いてから
穏やかに逝きました。
15歳でした・・・。

チェリーの死はとても悲しいけど、でも後悔はありません。
逆に今まで病気一つすることもなく、15年も生きてくれたことに感謝しています。
ウララの時は後悔と自責の念で一杯だったけど、チェリーはちゃんと天寿をまっとうしたんだ、
という思いの方が強くて、私も取り乱すことなく穏やかな気持ちでいます。
[ 2005/08/09 23:38 ] 虹の橋から | TB(0) | CM(15)

ウララがイラストに?! 

今日はとっても嬉しいお話が・・・・・。
ナント、私が加入しているメルモニャイコン←このメルモニャイコンを作ってくれた、
ニャイコン同盟の主催者でもあり、そして可愛いアポニャンのいる猫ブログ、
"アポニャンといっしょ♪"のブログ管理人でもあり、しかーしその実体は・・・
なんとイラストレーターさん!のせんちゃんさんから、
亡きウララのイラストを描かせて欲しい、との申し出を頂いたのであるっ!!

キャ━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!
信じられないっ★

何でもせんちゃんさんのところに来年の「年賀状の素材集」のお仕事が入っていて、
そこへ掲載する犬のイラストを探していたそうです。
そう!
来年は戌年なんですよねェ~。
・・・すっかり忘れていた私(;・∀・)

それで前からウララを「可愛い」と言ってくれていたせんちゃんさんが、
今回のウララの事故を知って、他のみなさん同様とても悲しんでくれました。
そして、このイラストを描かせて欲しいとの申し出。
私はとっても嬉しくなりました。
だって、ウララがせんちゃんのステキなイラストで蘇るんだよ!
今から考えてもドキドキワクワクしちゃいます(*^-^*)♪

どーしよ、今から興奮中(笑)
ちなみに水彩画なんですって。
どんなステキなイラストになるかホントに楽しみです。
せんちゃんさん、ぜひとも頑張ってくださ~い!

でもでも本職サイトのillustclub.comを拝見すると、とても才能豊かでイラストの幅も広く、
ニャイコンのようなキャラクターちっくなものからリアルなものまで、
何でもこなしていらっしゃいます。
なのでウララのイラストの他にもきっとステキなイラストの素材集が
出来上がるんだと期待しています。

そして今回、ウララのこともブログで触れてくれました
メルモ中心にしていたブログだったために、ウララの登場は数える程度だったけど、
それでも"ウララの笑顔ファン"だったとまで言ってくれたせんちゃんには、
本当に感謝しています。
ウララがいなくなってこんなにいろんな人が悼んでくれるなんて・・・。
そして今回のお話。
人生って悲しいことだけじゃないな、って思いました(*^-^*)

せんちゃんさん、ありがとう~~~!!
[ 2005/07/12 23:15 ] 虹の橋から | TB(0) | CM(4)

3人一緒。 

3人一緒1
ウララがいなくなったのをわかっているのかな。
この3人が一緒なんてあんまり目にしない光景だよ。
[ 2005/07/10 01:16 ] 虹の橋から | TB(0) | CM(10)

ウララの思い出。 

今日は七夕。
ウララも織姫様と彦星さまとの逢瀬のように、天の川を渡ったのかな。
ウララの死から10日が経ち、ようやくウララの死をまっすぐ受け止められるようになりました。
泣いてばかりいても仕方ないもんね・・・。
誰とだっていつかはお別れする時が来る。
それがちょっと早く来すぎただけなんだよね。
それに泣いてばっかじゃ、ウララだって悲しむよね。
そう思って、今は自分を責めないでウララとの思い出を大事に、
そしてこれからの生活のために前向きになろうと決めました。
自分を責めてもウララが帰ってくるワケじゃないから・・・。

いろいろと温かい言葉を下さったみなさんには本当に勇気づけられ、
私も随分と元気を取り戻すことが出来ました。
自分の事のように捉え励ましてくれたみなさんには「ありがとう」の他には、
感謝の言葉が浮かびません。
ブログをやっていて良かった、と今回ほど思ったことはありませんでした。
このことはずっとずっと、ウララの思い出と共に私の心に留まっていることでしょう。
本当にありがとうございました!

そしてイジケてないで、ウララとの思い出に向き合うことにしました。
ブログを書くことは、悲しみを忘れられる一つの方法でもあったりもして。
たった2年9ヶ月の短すぎる命だったヨーキーの女の子、ウララ。
そんなウララを思って、今日はウララがウチに来てから最近までの思い出を、
遡って見てみようと思います。

(画像clickで拡大)
ウララが来た日1 ウララが来た日2 ウララが来た日3
こんなにちっこくて片手に乗るくらいの大きさだった頃のウララ。
ヨチヨチ歩きで本当に可愛かった・・・(*^-^*)
そんなウララが家族になったのは、2002年10月26日のことでした。

生後2ヶ月1 生後2ヶ月2 生後2ヶ月3
生後2ヶ月くらいのウララ。
この頃からおもちゃで遊ぶのが大好きだったよね。
メルモにもおっかなびっくり近寄って、遊んでもらおうとしてたね。

生後3ヶ月1 生後3ヶ月2 生後3ヶ月3
生後3ヶ月。
メルモは男だし母性がある子じゃないけど、気が向いた時はたまにウララと遊んであげてた。
もちろんちゃんと手加減して遊んでくれた。
ウララも楽しそうだったよ。
[ 2005/07/07 00:52 ] 虹の橋から | TB(0) | CM(11)
プロフィール

ロッコ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。