LOVECATS

フサ猫メルモ(♂)と飼い主ロッコの猫と映画とmadonnaと日常少々な、ねこちっくblog・・・・・現在休止中
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴシカ 

ゴシカゴシカ
●監督 : マチュー・カソヴィッツ
●出演:ハル・ベリー(ミランダ・グレイ医師)、ロバート・ダウニー・Jr(ピート・グレアム博士)、ペネロペ・クルス(クロエ・サバ)、チャールズ・S・ダットン(ダグラス・グレイ博士)
●2003年 アメリカ 97分
●ジャンル : ホラー/サスペンス
●個人的評価 : ★★★★☆

(・∀・)イイネ!
こーゆー映画、好きさ♪
かなぁり良く出来た内容でしたわ!
監督が『クリムゾン・リバー』のマチュー・カソヴィッツ!
『クリムゾン・リバー』がムムムな感じだったけど、
みの『ゴシカ』はそれに比べると、全然イイ。
ちなみに『アメリ』の時のカッコカワイイ役のマチューも好きです。

で、この映画の何がイイって。
複雑で先が読めそうで読めなかったストーリーと、ハルの演技が最高です。
ペネロペも、まぁまぁな役所でした。

犯罪心理学者であるミランダは、いつの間にやら自分が勤めている
刑務所の精神病棟の中に!
夫殺しの犯人だ、って入れられてるんだけど、
本人はまったくその記憶がない。
現実なのか、ホントに精神が病んでしまったのか、
記憶と不可解な出来事と共に解決していく、ってモノ。


私は最初、ピートが犯人だと思ってたら全然違ってた(笑)
そんな単純じゃなかったワ。
サスペンス好きの私には、かなりのヒット作でしたね☆
スポンサーサイト
[ 2004/09/28 04:09 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

アンダーワールド 

アンダーワールドアンダーワールド
●監督 : レン・ワイズマン
●出演 : ケイト・ベッキンセイル(セリーン)、スコット・スピードマン(マイケル・コーヴィン)、シェーン・ブローリー(クレイヴン)、マイケル・シーン(ルシアン)
●2003年/アメリカ/121分
●個人的評価 : ★★★☆☆

ん~~~、まぁまぁカナ。
こないだ劇場で見た『ヴァン・ヘルシング』でのケイト・ベッキンセイルが、カッコ良かったんで見てみることにした映画。
それにしても、彼女はヴァンパイアものに縁があるのか(笑)

何百年も続くヴァンパイアとライカン(狼男の一族)との闘いの話。
ケイトはヴァンパイアの女戦士。
カッコイイんだけど、アクションがもひとつだったカモ。
ストーリーはなかなかよく出来てる。

ただ、なんで吸血鬼なのに飛べないの??(笑)
(ただし高いところからの着地は出来る)
なんで、銃撃戦ばっかなの??
(ヴァンパイアらしくない)
現代に生きるヴァンパイアは、こぉなのか??
ってなワケで、( ゚Д゚)ハァ?な部分もあるものの、よく出来た映画でした。

この映画もきっと続編アリだな、な終わり方で、ガックシ・・・。
[ 2004/09/27 02:40 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

シティ・オブ・ゴースト 

シティ・オブ・ゴーストシティ・オブ・ゴースト
●監督 : マット・ディロン
●出演 : マット・ディロン(ジミー)、ジェームズ・カーン(マーヴィン)、ナターシャ・マケルホーン(ソフィー)、ジェラール・ドパルデュー(エミール)
●2004年5月 アメリカ 116分
●個人的評価 : ☆☆☆☆☆

超~~~、駄作!
なかなかの出演者揃いだったので、見てみようと思ったものの・・・。
騙されました。
なんですかっ!
このくだらない、お粗末な内容はっ。
途中、何度も見るのやめよーと思ったくらいのへっぽこ映画です。
星は1つもあげられませんです、ハイ。

保険金詐欺でニューヨークからバンコクに逃亡するジミーが、
足を洗おうとするものの、その先々で陰謀に陥れられる、
とゆーもの。
ラストなんて、タイで恋に落ちた女性の元に行って終わってるし・・・。
なんぢゃそれっ!

もぉ、とにかくストーリーはダラダラしすぎだし、スリルもなんもなし。
この映画を見るのに費やした時間を返せ~~~!
それにしてもマット・ディロンってば最近ホント、
イイ映画に出てないよなぁ~。┐(´ー`)┌
[ 2004/09/26 04:36 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ヴァン・ヘルシング 

ヴァン・ヘルシングヴァン・ヘルシング(at theater house)
●監督 : スティーヴン・ソマーズ
●出演 : ヒュー・ジャックマン(ヴァン・ヘルシング)、 ケイト・ベッキンセイル(アナ王女) 、 リチャード・ロクスバーグ(ドラキュラ伯爵)、 デヴィッド・ウェンハム(カール)、 ウィル・ケンプ(ヴェルカン)
●2004年9月/アメリカ/133分
●個人的評価 : ★★★★★

う~~~ん、良かった
ヒュー・ジャックマン、カッコ良すぎっ!
惚れっぽい私はまたまた彼に惚れてしまいました(笑)
X-MENのウルヴァリンより、断然渋くてカッコイイ!
あの胸板にアドレナリン彷彿!
こーゆー映画はやっぱ劇場で見ないと、迫力出ないよねェ~。
見に行って正解!
私はだいたい劇場には、ほとんどアクションものしか見に行ってないんだけど、
前に『21グラム』を劇場で見たら、
後で暗ぁい気持ちになって帰ったのを覚えてます・・・。

そんなことはさて置き。
ヒュー様の武器さばきもさることながら、
ケイトもなかなかのアクション、見せてくれます。
やっぱ、女性のアクションって(・∀・)カコイイ!!

ちなみにこの映画、絶対続編あるYO!
だって、肝心なコトが何一つわからないまま終わってんだもん・・・。
なんでドラキュラ伯爵はヴァンのことを"ガブリエル"と呼んだのか、とか。
ヴァンの記憶も戻ってな~い。

そーそー。
ただ一つガッカリだったのは、ヒロインの最後・・・。
あれはないでしょぉー。
簡単に死にすぎですっ。
こういう映画では、ヒロインを殺さないよーにっ!
だけど、始まりから終わりまでハイスピード&ハイテンションで、
ずっと楽しめる映画でした。
音楽、衣装、背景、配役全てにおいて(≧∇≦)bでしたね。
[ 2004/09/21 03:06 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ロッコ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。